このページ(千葉氏と和歌ー千葉氏はなぜ歌を詠んだのかー 千葉県文化会館)内のスキップメニュー
  1. サイトのメインメニューへ移動
  2. サイトのユーザメニューへ移動
  3. このページ(千葉氏と和歌ー千葉氏はなぜ歌を詠んだのかー 千葉県文化会館)のメインコンテンツへ移動

以下、このページ(千葉氏と和歌ー千葉氏はなぜ歌を詠んだのかー 千葉県文化会館)のメインコンテンツです。

千葉のイベント情報 ─ 千葉で行われるイベント情報を紹介します。

千葉のイベント情報の登録はこちらから(無料)

イベント情報の登録には、会員登録(無料)が必要です。
すでに会員登録がお済の方は、ログインをしてからイベント情報の登録を行ってください。


そら

そら

  • クチコミ(491件)
  • コミュニティ(0件)
  • みんネタ(46件)




千葉氏と和歌ー千葉氏はなぜ歌を詠んだのかー 千葉県文化会館

開催日 開催日:2019年6月15日 

本講座では、千葉氏と「和歌」との関わりに焦点を当てます。一般に、武士は武芸にいそしむイメージが強いですが、戦国時代のような争乱の時代においても、武士は教養として和歌を修めました。千葉氏もまた和歌に親しんだ記録が残されています。和歌は武士にとって不可欠なものでした。本講座では、南北朝時代の当主千葉氏胤の歌が、勅撰集『新千載和歌集』に載せられた背景や、戦国時代の当主千葉勝胤と家臣からなる「千葉歌壇」と彼らの歌を収めた『雲玉和歌抄』の検討等を通じて、千葉氏と和歌との関わりや、その意味等について考えていきます。

【講演1】
講師:外山 信司氏(千葉市立郷土博物館 総括主任研究員)
演題:「勅撰歌人となった千葉氏胤」

【講演2】
講師:松本 麻子(医療創生大学教授)
演題:「『雲玉和歌抄』と千葉歌壇」 


開催日 2019年6月15日(水)13:00〜16:00

開催場所 千葉県文化会館、小ホール

住所 千葉市中央区市場町11‐2

交通 ・JR「千葉駅」東口よりバス、7番のりば「郷土博物館・千葉県文化会館」下車、徒歩約2分
・千葉都市モノレール「県庁前」徒歩約7分
・JR「本千葉駅」徒歩約10分

料金 無料

定員 230人(応募多数の場合抽選)

主催者 千葉市郷土博物館

お問合せ TEL:043‐222‐8231、FAX:043-225-7106

申込方法 講座名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢を記載いただき、往復ハガキまたは電子申請にてお申し込みください。
※電子申請の詳細については、下記URLをご覧ください
※5月30日(木)必着

往復ハガキでの申込先
〒260-0856 千葉市中央区亥鼻1-6-1 郷土博物館

URL https://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/bunkazai/kyodo/koukaisiminkouza20190615.html


Facebookにアカウント登録して、友達の「いいね!」を見てみましょう。


みんなの千葉のイベント情報の登録はこちらから(無料)

イベント情報の登録には、会員登録(無料)が必要です。
すでに会員登録がお済の方は、ログインをしてからイベント情報の登録を行ってください。




以下、このサイト(みんなの千葉)のユーザ用メニューと、登録された千葉の企業お店情報のカテゴリ一覧です。
このページの先頭へ戻る

こんにちわ!
ゲストさん

ゲストさん


【登録ユーザ限定!】無料壁紙ダウンロード